« bike & camp 青川峡キャンピングパークでキャンプイベント その1 | トップページ

2018年6月14日 (木)

bike & camp 青川峡キャンピングパークでキャンプイベント その2

いよいよ4年に一度の祭典、ワールドカップが始まります。
2026年は、アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催とか。アメリカ西海岸ぐらいなら見に行けるかなと思いますが、そのときは63歳なので体力と気力があるかどうかですね。

ということで、bike&campの続きです。



晩御飯前にお風呂に入ってさっぱりします。このキャンプ場はお風呂にも入れるんです。狭いので人数制限してるので待たないといけないことはありますが、逆にいっぱいで芋の子を洗うような状態にはならないのでいいかもしれません。





風呂上がりに焚き火しながら、やっぱりビールでいっぱい。やっぱりキャンプといえばこれですね。





この日はあまり食材を持ってこず、メインはローストビーフのみ。といっても、切り方と火の通り過ぎで、タタキのようになってしまいましたが(^^;;





あとは売店に売っていた、いなべの餃子を焼いてみました。ちょっと火が強すぎたせいで焦げてますが(^^;;
キャンプ料理は目を離すといけませんね。

ちなみにご飯も炊いたのですが、メスティンは置いてきたので、これも焦げてしまいました。



夜もイベントの続きが。こいしゆうかさんたちのキャンプトークや、日々交通安全のために悪と戦う、交通安全ヒーロー、ケッタマンも登場。豪華景品の当たるじゃんけん大会などで盛り上がりました。
自走組で来ていた人は名古屋方面の方が多かったのですが、神戸から自走で来ていた人もいました。私には真似できませんが(^^;;

楽しいイベント後は、静かにキャンプを楽しみます。



焚き火もよく燃えます。燃料は猫のトイレでおなじみのペレット。以前は割りばし使ってましたが、燃えるのが早すぎ、せわしなかったですが、これは結構火持ちもよく、安いので、バイオストーブ使うときはいいですね。



シェラカップで水割りなど飲みつつのんびり火を眺め、いつのまにかウトウトと。







キャンプ場の朝。この日もいい天気。イベント参加者貸切のサイトなので、ソロテントが並びます。
こうしてみるといろんなテントがありますね。



川原で水遊び。流れのあまり早くなく、水量も多くないので水遊びにはいいですね。



朝食は妻がクラムチャウダーを作ったので、それにパスタ入れていただきます。



残っているベーコンも厚切りにして焼いて食べます。ビールが欲しいところですが、自転車乗って帰るので我慢。



食後にはコーヒーでいっぷく。
こののんびり感、キャンプっていいですね。



片付けも終え、イベント2日目をのぞきます。前日たべれなかった、いなべの茶プリン。ほうじ茶味で美味しかったですよ。



昼ごはんも会場で食べようかと思いましたが、いなべの蕎麦を食べようと思い会場を後にすることに。
7kmほど走ったところに蕎麦屋が。ちょっと並びましたがすぐに入れます。



蕎麦と見にソースかつ丼のセット。美味しかったですよ。
蕎麦も食べたし、イベントも楽しんだのでそろそろ帰ることに。



最寄りの駅からまた輪行。



帰りも近鉄特急に乗って。



喉が渇いたので、一本だけ飲みます。

青川峡キャンピングパーク、噂通りいいところでした。bike&campも楽しいイベントでしたね。車で行くオートキャンプが主流ですが、車を使わない自転車キャンプのイベントがもっとあればいいかなと思いますね。

このイベント三年開催ということで、来年が最終。もちろん来年も行きたいです。

|

« bike & camp 青川峡キャンピングパークでキャンプイベント その1 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« bike & camp 青川峡キャンピングパークでキャンプイベント その1 | トップページ